もしものときは

最後のお世話です。しっかりと。

火葬などを考える前に、
 すぐにしてあげられること

  • 手足がつっぱったままではかわいそうです。
    死後硬直が始まる前に、いつも眠っていたような姿勢にしてあげてください。
  • 目が開いていたら、閉じてあげてください。
  • ご遺体が痛まないよう、できるだけ涼しくしてあげてください。
  • その他、下記をお読みいただき、しっかりと最後のお世話をしてあげましょう。

お別れの準備・遺体の安置

  • ~用意するもの~
    体を拭いてあげるための布やタオル、毛並みを整えてあげるためのブラシ、下に敷くペットシーツ・新聞紙・ビニール・タオル、体を冷やすための保冷剤や・ペットボトルなどに水を入れて凍らせたもの。

  • 死後硬直は比較的早く進みます。
    そのままだと足がつっぱったまま硬直してしまいます。 前足・後足を優しく胸の方向へ曲げて、自然に眠っているような姿勢にしてあげてください。
    できれば、まぶたや口は閉じてあげてください。
  • ぬるめのお湯で湿らせたタオルや布などで全身を優しく拭いてあげて、ブラシで毛並や尻尾を整えてあげてください。
  • 口やお尻から体の中のものが出てくることがあるので、そのときはきれいに拭いてあげてください。 安置している間に出てくることもありますので、ビニールやペットシートを敷くなどしてあげましょう。
    生前、ノミやダニが寄生していると、時間が経つにつれてそれらの寄生虫が飛び出してきますのでご注意ください。
  • ダンボール箱などにビニールや新聞紙・タオル・毛布を敷いて、寝床を用意してあげてください。
    お花やおもちゃなど、ペットが好きだったもので飾ってあげてもいいでしょう。
  • ご遺体の傷みの進行を遅らせるために、できるだけ涼しい所に安置してください。
    氷や保冷剤をタオルで包んで頭とお腹のあたりにあてて冷やしてあげてください。 冷気が逃げないように、バスタオルなどかけてあげると良いでしょう。
    気温の高い時期はエアコンを低めの温度に設定する等してあげてください。
  • 簡単な祭壇などを作り、お花や好きだったものなどを並べて、手を合わせてあげてください。
  • お花に付いている虫が体に移らないように、また、夏場はハエなどが寄らないように気をつけてあげてください。
    • おもちゃ等は、一緒に火葬できない物があります。
    • ダンボールや厚紙など紙類は一緒に火葬できません。灰が残り、ご拾骨の妨げになるためです。手紙など少量なら一緒に火葬致します。
    • ペットちゃんを連れて来る際に使用したカゴやタオルなどは一緒に火葬できません。
    • ペットちゃんのご飯などは火葬できますが、缶詰を缶のままで火葬はできませんので、紙皿などに移し替えていただきます。

火葬のご予約

  • ペットちゃんのお世話が終わり少しお気持ちが落ち着いたら、ご火葬についてご家族様でご相談ください。

    • ご火葬に立ち会われるか、一任火葬でお任せ頂くか。
    • 立会火葬をご希望の場合は、ご火葬の希望日

  • ご来園いただくまでの間は、以下についてもご家族様でご相談ください。

    【ご遺骨について。】
    • お骨を納骨堂に納める。
    • お骨を合同墓地に埋葬する。
    • お骨をご自宅に連れて帰る。
    • (お骨をいくつかに分け、それぞれご自宅・納骨堂などに分けて納める「分骨」という方法もあります。)

  • お骨の扱いについて迷われているときは、お骨をいったんご自宅へお連れになり、しばらく一緒に過ごしながらご家族様で考えていただくとよいでしょう。
    後日、あらためて納骨堂へ納めていただくこともできます。

  • ご不明な点は、ご予約時かご来園時でも結構ですので、ご相談ください。

ペット火葬 <お迎え・お骨お届け無料エリア>

(宮城県)蔵王町・村田町・大河原町・柴田町・川崎町

ペット火葬 <お迎え3,500円・お骨お届け3,500円エリア>

(宮城県)仙台市(青葉区、宮城野区、若林区、太白区、泉区)、 名取市、岩沼市、角田市、白石市、七ヶ宿町、亘理町、山元町、丸森町、 多賀城市、塩釜市、富谷市、利府町、大郷町、大和町、大衡村、 (山形県)山形市、天童市、上山市、 (福島県)福島市、伊達市、国見町、桑折町、新地町、相馬市

※その他の地域の方はお問合せください。
※ご家族様の送迎はできません。ご了承願います。